知らないと損する競売物件

私自身は競売物件とご縁のない暮らしをしていますがよく小説などを読んでいるとこの競売物件を巡ってのストーリーが展開されています。面白そうなので少し調べてみました。競売物件は市場の3割安いといわれているそうですがこれはメリットと言えるでしょう。デメリットは三角形の土地だったり入手するのにローンが効かないなど驚くことばかりで競売物件って知れば知るほど奥が深そうです。
競売物件というとあんまり良いイメージがありません。何らかの事情があって否応なく手放したという印象があるからです。これが住宅となると、もともとの家主さんの思いなどがそのままついてきていそうで、なんだかゆったりとした気分で住むことができそうにないのはわたしだけでしょうか。そのようなことを全く気にしない人にとってはとてもおいしい物件であることは間違いないでしょう。普通に正規で購入するよりもお得な物件がたくさんあります。
私は趣味でラジコンをやっているが、実はありそうに思うのであるが関西にはあまりは知らせるコースが無い。これは競技人口が東高西低で関東周辺のほうが競技人口が多いというのもあるのであるが、メーカーは関東に集まっているが販売店は関西が多いということを考えれば、埋もれた競技人口が関西のほうが多いということが考えられる。事実初心者を中心に客層をおいた量販店は休日にもなるとサーキットに100人近くの人が集まる。そういうことを考えると私も脱サラした場合にそのようなラジコンコース兼量販店をしてみたいと思っていえるのであるが、ラジコンといえども大きいしスピードも速いものでは本物の自動車車並みに出る。ということは事業を始めるに当たってある程度大きな土地が必要となると私は思っている。しかし実際に不動産業者で希望する大きさの土地を購入するにしても借りるにしても非常に高いのが現実である。その時に思いついたのが競売物件を主に探そうと考えていた。競売物件の場合、最低落札価格があるので、コストがいくらかかるかわからないが、こちらの希望での一番重視するところは土地の大きさと用途である。競売物件で出てくる土地の場合、相続の物納ものも結構ある。それだとかなり大きな土地が手に入る可能性がある。実際に立地条件や価格帯で非常に気に入った競売物件があったのだが、脱サラして事業をするということにまで踏み切れなかった私はその物件はスルーした。ただし気をつけないといけないのは、占有権を主張する者が現れたり、土地の使用権限が農地に指定されていて、農地からの転用が許されなかったりするケースもある。特に占有屋と呼ばれる不当に占有権を主張する者は暴力団関係者が後ろについていたり、暴力団そのもの出会ったりする可能性が高い。そうするとわれわれ素人の手に負える相手ではない。そういう点では競売物件には普通の不動産物件以上にリスクが多いが、うまくリスクを回避できた場合、競売物件での土地の取得は大きなアドバンテージとなる。

貸倉庫 埼玉 2099

不動産での競売物件はお得

競売物件に馴染みがないです。不動産競売の申立て件数を調べてみました。全国で年間約5万件、東京23区内に限っては年間3000件を超えるそうです。一般の物件と競売物件との違いは後者は売主がカギを握っていて中が見えない(見えずらい)こと。そして管理が行き届いていないこと。ひご担保責任が無いことなどがあげられます。そのために価格が一般物件の7割から落札できるという取り決めがあるそうです。ド素人の自分からしてみると競売物件はその筋の専門家が競り落としてリノベーションした後、それを一般客に販売すればいいのでは、と思うのですがいかがでしょうか。
不動産の競売物件というのは、ちょっと手が出しにくいところがある。気にしない人もいるが、たいていは何か引っかかって手が出ないのだ。 それは、競売物件には依然住んでいて人がいて、何か事情を持ち泣き泣き自分の不動産を差し押さえられ、売り出されているという思いが、想像できてしまうからだ。もっとも、そんなのは、無理な住宅ローンなり、保証人になって差し押さえられたのだから当然のことだ、という人もいるだろう。でも、前の持主のイメージが重なり、良いなと思っても手が出しづらいのだ。もちろん、そこのとこは法務局でも考慮していて、これまでの担保を組んだことや差し押さえなどの登記内容については、抹消してもらえるので、一応、登記上の問題はないと言る。 しかし、売りに出された物件の周辺の人にとっては知らない人もいるかもしれないが、経緯を知っている人もいる。もし、お宅の住まいは競売物件ですよね、と言われたら誰でもいい感じを持たない。 せっかく、登記上の問題を一つなくしてくれているのだから、何かもっと競売物件についていいイメージを持ってもらえるような妙案はないのだろうか。そんなこと気にしない人がいるのだから、何か対策がありそうである。 それにはまず、これまでの不動産の競売物件のイメージを変える必要がある。ただ単に、競売物件のお知らせを新聞で文字だけの広告するのでなく、写真を付けるとか、何らかの特典を付けてもいいと思うのだ。そうすれば、普通に入ってくる不動産売買の広告と同じように見てもらえるし、競売物件でも特典克いてくるのなら買ってみようかなという人が増えてくる。その結果として、より高く競売物件を売ることができよう。そして、落札者の不安軽減策も撮れば、なお良いだろう。意外と速く、不動産の競売物件の方が、安く求められ、特典も付いてくるし、フォローもある、と従来の見方が変わってくるであろう。関心度を、広告の仕方や、サービスのあり方で変えていく必要がある。
不動産の競売はネットの普及によってずいぶん様変わりしたようです。かつて競売物件は裁判所まで足を運んで閲覧するものだったそうですが今や任意売却だろうが競売初心者だろうが専門サイトを覗けば情報があふれています。不動産の競売に興味がある方や競売物件の購入を考えている方そして任意売却で不動産を手放したい方にとって専門サイトにて債権整理や任意整理などの法的な手段を知ることは必須と思われます。弁護士と司法書士はどう違うのか、競売物件は市場価格に比べなぜ2~3割安いのかなど傾向と対策を学ぶことができるでしょう。

Copyright ©All rights reserved.知らないと損する競売物件.